車検切れしている車を一括車査定に

車検のない車でも一括車査定を受けよう

車を手放すタイミングとして多いのが車検の時期が迫っていたり、車検が切れてしまった時です。
ただ、車を高く売るタイミングとして車検の前後が正しいのか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
結論から述べると車の価値と車検の有無には大きな関係がありません。車検が切れそうでも切れていなくても大きな影響はありません。

 

車の価値と車検は関係がない?

 

車検が切れていると車査定の査定額も落ちてしまうのではと思っているかと思います。
ただ車の価値と車検の有無は関係がありません。
車検を受けていないと公道を走ることができません。その点で受けている車よりも価値が下がってしまうことになります。
ただ車検自体は簡単に受けることができますしすぐにパスすることもできます。
車検が切れていても公道を走らせることができないだけであって査定額に大きな影響を及ぼすことはありません。

 

車検自体にはそれほどお金がかからない。

 

車検というものにはお金がかかると思っている人も多いでしょう。
ただ車検自体にかかる費用は大した金額ではなく、検査手数料自体は2000円もあればできてしまいます。
何にお金がかかるといえば車検を受ける際の自動車重量税の支払いと自賠責保険の支払いをしなければならずそれにお金がかかります。
これらの費用のことを法定費用と呼びます。法律で決まっているので誰が受けても安くはならない費用です。
ですから個人で車検を受けて最低限の費用を済ませようとすれば車種によって異なりますが大体5から7万円くらいの費用ですみあます。
なぜディーラーなどの業者に依頼すると10万円から20万円の金額になってしまうのでしょうか。
それは車検を通すための業者の手数料や整備費用が発生するからです。
車検が通る状態であっても数か月で不調になる可能性もありますんで事前に整備する必要があります。
整備するところが多ければその分費用が加算されて結果的に10万円か20万円という金額になってしまうんです。

 

車検にかかった費用は次のオーナに上乗せされる

 

車検を通すにはお金がかかることは先ほど述べました。
ただそのお金をだれが負担するのかと言えば次の買主です。車検の有無では査定額が大きく変わるわけではないと先ほど述べました。これは買取業者自体が自腹を切って費用を出すわけではないことからもわっかります
車検がたっぷりと残っていれば多少のプラスにはなりますただ残り少ないからと言ってマイナスになるものではありません。

 

減額の口実にされてしまうことも多い

 

車検の残り期間と車の価値はほとんど関係ないことがわかりました。
ただ実際に査定を受ける際に減額の口実にされてしまう可能性はあります。
買取業者としてはできるだけ安く買取りたいわけです。ですから減額をするための口実であればそこをついて安く買取ろうとします。
先ほどから述べている通り車検は車の価値とは関係が無いと言っても、いざ買取業者からすると車検切れしている期限が迫っていると言われてしまうこともあります。車の売買の知識が全くない素人のあなたはまあそんなものかと納得してしまいがちになります。
また車検が切れてしまっていたら公道を走ることができません。その場合レッカーを使用して運搬することになります。レッカー代金が数万円かかるのでその分減額になってしまうと言われてしまうこともあります。
実際は買取業者からすれば公道を走らせることが」できない車を運搬することはよくあることです。ですからレッカー車にかかる費用などは微々たるものです。
ただ相手に知識がないとわかればレッカー代金が高くつくように見せかけて査定額を減額されてしまう可能性もあるんです。

 

車検切れの車は一括査定サイトを利用すれば安心!!

 

車検の期限が短り、もしくは車検が切れている車を安心して売るには一括査定サイトを利用するのが一番安心です。
一社だけの査定であれば車検を理由に減額されてしまう可能性もあります。
ただ一括査定を利用すれば業者は相手の無知に付け込んで安く買取ろうとする手が使えなくなります。
というのも1社だけ減額するような真似をすればその買取会社は他の会社にあなたの車を取られてしまうかもしれないからです。
また、仮に車検の有無を理由に減額してくる業者がいたとしても他の業者が正当な評価さえしてくれれば、業者の口車に乗って安く売らなくて済むわけです。

 

加えて、複数の買取業者から査定を受けることによって業者同士で競争意識が働きます。そうすると自然と競争意識が働いて車の本来の価値にあった金額を提示してもらいやすくなります。
プロである車買取業者から車検を口実に突かれてしまうと一般人は中々たじたじになってしまいます。ですから余計な口実を与えないためにも一括査定を利用するのが一番安心なのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ